プロダクトデザイナーに多い就職先はどこ?

MENU

プロダクトデザイナーに多い就職先はどこ?

プロダクトデザイナーは多くの商品をデザインするので、幅広い知識や物の見方をしていなくてはなりません。たくさんの経験や知識が必要なので、専門的な勉強も十分にしなくてはありませんので、一人前になるのも大変な職業です。しかし、それだけスキルが身についていると就職口も多彩です。

 

プロダクトデザイナーは大きなものから小さなものまで、さらには機能性が重要なものから、デザインも重視される商品まで担当します。例えば大きなもので機能が重要なものであれば自動車、飛行機なども担当範囲内です。逆にコンパクトなものなら文房具や雑貨も対象です。

 

デザインが重視されるインテリアや食器類などを制作する場合もあります。これだけ幅が広いので、全部を対応するデザイン事務所が就職先とする場合は、それなりにスキルを積んだ状態の方が有利かもしれません。デザイン事務所なら先輩の元で経験を積むこともできますし、幅広い技術や知識を学ぶこともできます。

 

また、最近多い就職先が、それぞれのメーカーに入社して、その会社のデザインの部署や広報部に配属されるケースです。肩書としてはあるメーカーの社員ですが、その中でデザインを担当するという働き方でデザイナーをすることも多くなっています。例えばインテリアの販売会社や卸会社の社員として就職して、その会社のデザイン部で製品を作り出すという働き方です。

 

この場合はその会社のジャンルの商品しか制作にかかわることができないので、物足りないとか他のデザインもやってみたいと思う方もいるでしょう。しかし、その道を極めることで経験値も視野も高まりますし、新たな表現方法を得ることも出来るでしょう。

 

プロダクトデザイナーにはデザインを扱う事務所やメーカーの部署に就職することが多いです。しかし、ある程度経験を積んだり、取引先との関係ができれば、個人で仕事を請け負うこともあります。個人事務所の様にフリーランスで仕事をすることも出来るので、働き方は幅広くて柔軟性があります。

 

それだけ経験値とデザイン力が重要になってきますが、自分の感性と実力で就職先も選ぶことができるのが魅力です。まずはきっちりと学ぶことが重要で、そこで基礎力を付けておくことで時代や依頼主の意向を反映できるデザイン力も付いてきます。専門性の高い仕事ですから、就職先は各方面にあります。

 

あとは自分の作品の評価や対応力次第ですので、そこから可能性を広げていくことができます。