ウォーターデザインスコープ

MENU

プロダクトデザイナーの仕事内容とは何か?

 

プロダクトデザイナーという言葉は聞いたことがあるけれど、どんな仕事をするのか分からないと言う人も多いのではないでしょうか。プロダクトデザイナーの仕事内容はデザイナーと書いてある通り色々な物や製品のデザインをする仕事です。デザイナーはデザインする製品によって職名が変わるのです。

 

例えば機械を主にデザインする人のことをインダストリアルデザイナーと言いますが、プロダクトデザイナーの場合は機会に限らずに生活に関わる製品全てのデザインを基本的に行います。そのためデザインする製品の量が他のデザイナーに比べると多い特徴があります。

 

プロダクトデザインは見た目が綺麗や特徴的で人々に興味を持ってもらうのも大切ではありますが、お客様が製品を使う上での安全性や使い心地などを考慮した上でデザインをするのが大事です。後は製品を製造する上でのコストや作りやすさを考える必要があります。ただデザインをするだけではいけないのが難しいと言う人が多い職業です。

 

仕事内容の流れについては初めにデザインすることになった製品が決まったら、どういう風にするかを自分で決めます。スケッチブックにラフで何枚も書きます。ただ自分の好きなデザインにするのではなくてその時の流行を取り入れるなどして売れるものを作らなければいけません。なので市場調査をすることがプロダクトデザイナーの仕事ではとても大切です。

 

市場調査をして今どんなのが売れているのかを書く前に一通り確認します。完成したらその後は製品を作る責任者や担当者の方に見せます。この時にデザインについての修正を求められることが多いです。中々一発で通るデザインというのはないので何度も修正をして見せるの繰り返しになります。

 

デザインによって製品の売り上げが関係することが多いので慎重に協議をします。デザインを決めるだけでも半年や一年かかる商品も中にはあります。協議した結果デザインが決まったら終わりではなくて、次に模型を用意して色々な角度から見てどうなのかを見ます。模型を作る理由としては紙で書いただけとは違い立体的に見ることが重要だからです。

 

模型で確認して良ければデザイナーとしての仕事は終了です。後は製造担当者が引き継いで製品を作ります。

 

主な仕事内容や仕事の流れについては以上になります。プロダクトデザイナーはデザインする規模が他のデザイナーに比べると多いですが、その分仕事のやりがいがある職業です。

プロダクトデザイナーの給料について

 

ありとあらゆるものをデザインする職業がプロダクトデザイナーであり、生活用品や家電を始めとした世の中のあらゆるものを設計してデザインすることになります。身近な小さなものだけではなく、自動車や飛行機といったかなり大型の輸送機器までデザインするのが特徴です。

 

専門的な知識と技術が必要であり、しっかり学び経験も積んでいくことが大切ですが、それだけではなくセンスも重要になり、簡単に一人前になることはできません。今後さらに需要を高めていく職業の一つですが、数多くやプロダクトデザイナーから選ばれるためには、時代の流れに合う提案ができることも重要です。

 

プロダクトデザイナーとして働いていく上で気になるのは、給料はどの程度が平均かという点ではないでしょうか。

 

一口にプロダクトデザイナーといっても、数多く存在しており人それぞれ年収には大きな違いがあります。活躍の場として多いのは、メーカーのデザイン部門となっていますが、どのメーカーかによる初任給の違いや、実績をいかに積んで力をつけているかによる違いも大きく影響する職業です。

 

メーカーで経験を積んだ後に、独立してフリーランスとして活躍している人も年々増えています。メーカーに勤務すると年収も安定しますが、会社員ということもあり収入は勤続年数に比例するケースが多いです。プロダクトデザイン事務所という選択肢もありますが、メーカーに比べると年収は低い傾向にあります。

 

しかしその分、デザインの腕を磨くことができる環境であり、自らがデザインした製品がヒットすると大幅に年収アップということもあり得ます。部署を管理し多くのデザイナーをまとめるチーフデザイナーになれば、その分年収も確実にアップしていきますが責任も重大になることは、頭においておくようにしましょう。

 

製品のデザインにより、会社の印象にも大きな影響を与えることにもつながります。商品がヒットするかどうかは、デザイナーにかかっているといっても言い過ぎではありません。チーフデザイナーまで上り詰めることができれば、平均年収は500万から700万となりますが、勤務する会社による違いが大きいのであらかじめよく調べてから、勤務先を選ぶようにしましょう。

 

独立することでヒット作を出し続けることができれば、会社員として働くよりも収入はアップします。しかしヒット作に恵まれなければ年収は下がることになるので、よく考え判断しなければなりません。